前田屋前田屋
トップへ戻る

二、4つのPの話

仕事によって使い分けています。

  • 一、制作プロデューサー

    CDやADからの発注で企画がほぼ決まった
    段階でプロデューサーとして入り、制作物
    を仕上げていく。制作物を精度高く組
    めるかを中心にプロデュース。
    (前田屋仕事の約1〜2割)

  • 一、クリエイティブ
      プロデューサー

    CD、AD、カメラマンなどから一緒にやろう、
    から始まるパターン。営業不在が多く前田屋が
    クライアントとの窓口になりオリエンを積み
    重ねてクリエイティブ全体をプロデュース。
    (前田屋仕事の6割〜7割)

  • 一、ブランディング?
      プロデューサー

    クライアント直接の場合が多く制作物を作る
    必要があるかからスタート。商品やサービス
    のファクト、ベネフィットから整理。ブランド
    としてどうすべきか?から一緒に考えて動く。
    (前田屋仕事の2割〜3割)

  • 一、ピザプロデューサー

    どんな仕事であれ最後はピザ打上げで
    みんなハッピーに。
    (前田屋仕事の10割)